信頼できる業者か見極めよう!

どこまで依頼したいか把握する

電話代行サービスの業務内容は、まず電話応対です。単に電話を取り次ぐ以外にも、システムを介して情報共有を行った電話応対も求めることができます。さらに、勧誘や営業電話の不在対応も可能です。また会社にかかる電話の中には商品の注文や商品についての質問などもあります。いわゆる受注業務、コールセンター業務も電話代行サービスで行われている業務です。

企業によってどこまでの業務を依頼したいのかは異なります。業者選びの前に、依頼したい業務内容を把握しておくことが大切です。利用する目的や誰からどんな内容の電話があるのか、どのくらいの電話があるかなど、今の状況を考えて検討し、それを基準として業者のプランを比較するのがおすすめです。

価格だけで選ばないで

電話代行サービスを依頼する場合、できるだけ安く済むにこしたことはありませんが、価格だけで選んでしまうと失敗しがちです。価格が安くても品質が悪ければ、企業の評判問題にかかわります。また基本料金は安くても、オプションをプラスしていくと思いのほか高額になることもあります。基本料金に含まれているサービス内容を確認し、依頼することで目的が果たせるかを見極めましょう。その他にも、「プロのオペレーターが対応します」と謳っているところも多いですが、プロのレベルといっても基準はあいまいです。業者で働くオペレーターは、正社員からアルバイトまで雇用形態がさまざまなので、業者の教育体制やモチベーションの維持に配慮しているかなどもチェックできるとよいです。

せっかくサービスを依頼したのに、電話応対のせいで企業の評判が悪くなっては困ります。信頼できる業者を見極められるかどうかが大きなポイントとなるでしょう。